FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星華さんプロレスデビュー!?

最近梅雨明けで皆さん暑い思いをしているでしょうね~^^;
私は外回りの仕事なので帰ってから服を脱ぐとくっきりと日焼けの痕がw
水分補給をして熱中症にならないように皆さん気をつけてください。

さてさて、今日の更新は腹パンチの可愛い絵を描いてます、シャーさんの看板娘、星華さんでSSを書かせていただきました!(ドンドンパフパフ~^^)

掲載許可はいただいたのですが、まだ内容を見てもらってないのでどんな感想をいただけるのか楽しみだったり怖かったりw

当方のサイトらしくプロレスとの異種格闘技戦ですので腹パンチはないですが・・・うん、僕頑張ったよwww




「ふぅん、私とやる勇気があったことはほめてあるけど、いいの?これからやるのはブックじゃないのよ?」

 きらびやかなライトに照らし出されるリングの上でセパレートタイプの水着を着た少女が自分よりも一回り以上体格の大きい女性に挑発的なしぐさで話す。
 少女の名は望月星華。知る人ぞ知るストリートファイターだ。本来なら街角で何でもありのファイトに興じている星華がなぜプロレスのリングに上がっているかと言うと、友人に誘われて女子プロレス観戦に赴いたことが発端だ。
 友人はリングの上で繰り広げられる対戦に興奮して声を張り上げていたが、星華から見れば全く何の意味もない意地の張り合い、お約束か何だか知らないがわざわざロープに振って帰ってくるところへの攻撃、etcetc・・・・・・。


『でもさぁ、これって台本通り何だよねぇ?』


 目を輝かせる友人に思わず星華が呟いた一言は星華が思った以上に周囲に届いた。一瞬で視線が星華に集中し、その一角だけ沈黙が落ちる。


『てめぇ!なにぬかしてんだ!!』


 そして、その声を聞いたのは観客たちだけではない。セコンドに付いていた女子レスラーがさすがに聞き流せずに星華の目の前まで駆け寄ると、星華の襟首をつかんですごむ。


『あ、ごめんごめん。つい正直に言っちゃったよ。でも、台本あるんでしょ?』


 口では誤っているが全く悪びれていない星華に怒りで顔色が白くなるほど顔をひきつらせるセコンド。感情のままに星華をねじ伏せて会場から放り出そうとするが・・・。


『ごめんって言ってんでしょ!』


 セコンドが動くよりも早く星華のボディブローが深々とセコンドのボディにめり込む。不意を打たれたこともあるが、ストリートファイトで名をはせている星華の攻撃の威力は凄まじく、口元からよだれを垂れ流して崩れ落ちていくセコンド。そこへ星華の身体が回転し、遠心力で威力の増した後ろ回し蹴りがセコンドの頬桁を砕いた。
 一瞬で意識を飛ばされたセコンドの半開きになった口から折れた歯の破片が飛び散り、周囲の観客たちが悲鳴を上げて星華の周りから遠のく。


『あ~あ、目立つつもりはなかったのに・・・。ま、しょうがないよね。そっちが手を出してきたんだし、正当防衛ってこと・・・?』


『そこまでにしときな、お譲ちゃん』


 ため息をつきながらさっさと会場をおさらばしようと思っていた星華の肩を背後から伸びた手がつかんだ。音も気配もつかめなかった星華が慌てて振り向くと、そこにはこの興行でメインを張る予定のゼットン白石の姿があった。


『な、なによ・・・ひょっとして、そこでお寝んねしてるのの仇打ちにでも来たの?』


 星華よりも頭一つ分以上背が高く、腕の太さは星華の太股ほどもある魁偉な体格のゼットン。そんな巨体の持ち主が自分の背後にいつの間にか立っていたことに動揺を隠しきれないながらも星華は挑発的に言葉を返していく。


『いいや、あんたに負けたこいつが弱かったってだけさ。負け犬に構ってるほど暇を持て余しちゃいないよ。・・・あたしの用事ってのはあんたのことさ。あんた、ここまであたしらのことをこけにしてくれてただで帰れるなんて思ってるのかい?』


 凄みながら星華をねめつけるゼットンだが、鼻っ柱の強さでは人後に落ちない星華はゼットンの脅しを鼻で笑って答えた。


『へぇ、やっぱり演技力は大したものねぇ。アクション映画のやられ役に転職したほうがいいんじゃないの?』


 どよめいたのは観客たちよりもレスラー達。自他共に認める最強女子プロレスラーのゼットンがこの挑発を聞き流すはずもない。


『ふぅん、大した度胸だけど・・・・・・あんたさ、次の興行に出てみるつもりはないかい?次はもっと大きな会場でやるんだけどね、あんたなら会場負けはしないだろうさ』

『いいの?八百長がばれちゃうよ?』


 当人たちよりも周囲の人間の方が胃が痛くなるような真っ黒な空気に周囲から人がいなくなる中、あれよあれよという間に星華とゼットンのメインイベントが決定し、そして現在・・・。
 金糸のような艶やかな髪をサイドポニーにまとめ、青を基調としたセパレートの衣装をまとった星華はいつもとの勝手の違いに戸惑いながらマットやロープの感触を確かめていた。90を超えるバストは谷間がくっきりと見え、細くくびれながらもしなやかな筋肉とうっすらとつけられた脂肪で鎧われたウェストはモデルになれば引く手あまたなほど人目を引きつけて離さない。そして、引き締まったヒップラインは女性らしさと野生の獣めいた凄みを併せ放っている。
 対するゼットンは、筋肉質な身体をラバースーツで覆い、たくましい身体を誇示していたが、女性としての外見では圧倒的に星華に差をつけられていた。
 しかし、会場の観客の目は明らかに星華よりもゼットンに引きつけられて離せない。カリスマと呼ぶべき何かを纏ったゼットンの一挙手一投足が星華の優れた容姿すらかすませるのだ。


(なんなのよ、あんな筋肉だるまをみんなして応援なんかしてさ・・・・・・決めた、もうぐうの音が出ないぐらいぼっこぼこにして鼻を明かしてやるわ!!)


 転じて不満を隠さない星華はきつく吊りあがった瞳にいら立ちを浮かべながらゴングを待ち受ける。スタートからラッシュでゼットンを殴り倒す気満々だ。だが、ゼットンが星華を挑発していることにはまだ気づいていない。


 カーン!!

「先手必勝・・・あんたに見せ場なんてやんないよ!!」


 瞬間移動したと観客が錯覚するほどの星華のダッシュ。リングの対角線上にいるゼットンがまだコーナーから背を離していないところに両手両足を駆使したラッシュを叩きこんでいく。


(かったいわね・・・でも、私のラッシュならいける!!)


 コーナーから出ることもできないゼットンの顔を、ボディを、足を、星華のラッシュが踊るように打ちつけていく。次第にゼットンの顔がはれ上がって鼻や口から血があふれて周囲に飛び散っていくが、ラッシュ開始から1分経過しても星華の動きは止まらない。
 最強レスラーであるゼットンがなにもできないまま破壊されていく光景に観客たちが呆然とする中、いよいよ調子に乗っていく星華の動きはさらに激しくなった。


「どうしたの!ウドの大木さん!?ひょっとして手も足も出せないとか!?最強が聞いて呆れるわよ!!・・・・・さあ、これで止めよっ!!」


 ボディに攻撃を集中させてゼットンが身体を前に折ったその瞬間、先日の記憶もまだ生々しい後ろ回し蹴りがゼットンのこめかみを打ち抜く!


 ごんっ!!


 スピード、パワー、タイミングのすべてがそろった、これまででこれほどの威力を出したことは記憶にないほどの会心の一撃。ゼットンの身体がマットに崩れ落ちるのを確信し、ラッシュで乱れた髪を手で梳きながら後ろを振り向いた星華。


「で、マッサージはこれで終わりかい?」


 だが、星華の勝利の確信を背後から投げかけられるゼットンの沈着な声が打ち砕いた。


「え・・・!?う、嘘・・・!!」


 慌てて振り向いた星華の目に映るのは、星華のラッシュで顔を腫れあがらせ、鼻血で顔の下半分を赤く染め上げたゼットンの凄惨な姿。しかし、ゼットンはまるでダメージなど受けていないようなひょうひょうとした仕草で首を鳴らす。


「どっこい、嘘じゃありません・・・・・・これが現実だよ、と・・・」


 ようやくコーナーから身体を出したゼットンが構えを取ると、気押されたかのように星華が思わず足を後ろへずらしてしまう。


(ちょっと・・・なんで後ろずさってんのよ!あれだけぼこぼこにしたんだから虚勢に決まってんでしょうが!!)

「驚いた・・・ブックがなくてもそれなりにできるんじゃない。でも、そんなざまで私が捕まえられると思ってるの?」


 ステップを踏みながらゼットンを嘲る星華。だが、ゼットンは子猫が精いっぱいに威嚇しているのを生温かく見ているような、そんな目でひょいひょいと手招きをして応えた。


「・・・・・・っ!!ふっざけんなあぁっ!!」


 ゼットンは明らかに星華を見下している。その事実に自制の弱い星華はあっさりと激高し、渾身の右ストレートをゼットンの鼻をめがけて放って行く。当たればゼットンの鼻骨を砕くのは確実な一撃。しかし、ゼットンがわずかに首をかしげると大振りな一撃は空しく空を切り・・・。


 めりいぃぃ・・・・・・!!


 狙い澄ましたゼットンのチキンシンクが星華の鳩尾を精確に突き上げた。ゼットンからの反撃など全く想像もしていなかった星華は防御はおろか腹筋を絞めることもできないままカウンターで膝蹴りを食らい、つま先がマットから離れるほど突き上げられた。


「ごぽ・・・・・・おおおおうええええぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・!!」


 大きく眼を見開いたまま動きが完全に止まってしまった星華の身体が空中に浮き上がり、そのままうつぶせにマットに叩きつけられる。沈黙が支配する会場の中、響くのは嘔吐感にさいなまされる星華の無様な喘ぎ声だけ。
 そして、静まり返った会場の中、右腕を突き上げるゼットンに弾けるような歓声がわき上がった。


『ゼットン!ゼットン!ゼットン!ゼットン!!』

『行けーっ!!プロレスを舐めたガキをぶち殺せーっ!!』


 会場を揺るがす大歓声の中心で惨めにあえぐ星華と、侵しがたい威厳をみなぎらせて星華を見下ろすゼットン。


(ふ・・・ざけるな!!たった一回反撃しただけでなにを得意そうにしてるっ!!)

「あ・・・っがああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」


 まるで傷ついた肉食獣のような絶叫を上げながら立ち上がり、ゼットンへラッシュを仕掛けていく星華。怒りを糧として鋭さを増したラッシュはゼットンを打ちのめす・・・。


「はん、素人がいい気になるんじゃねぇよ!」


 だが、星華の妄想はゼットンによって木っ端みじんに打ち砕かれた。繰り出した右ストレートにクロスさせるゼットンのヤクザキックが、殴りかかってくる星華のボディにめり込み、自らゼットンの足へ突っ込んでいった星華が身体をこわばらせて大きくよろけた。


「がひゅうぅ・・・・・・!!」

(う、嘘だ・・・・・・台本作ってファイトしてるような奴に・・・・・・)


 星華の意識を支配するのは現実逃避。自分が見下していたプロレスラーにやられつつある現実を認められないのだ。


「嘘だって思ってんだろ。ま、あんたはそこそこ強い方だよ。でもね、あたしとやったことはなかっただろ?それが答えさ!!」


 よろけた星華を上から押しつぶすように身体を預け、ウェストに両腕を回したゼットンが一気に星華を頭上に持ち上げ、空中で回転させると立てた自分の膝頭の上へとボディから叩きつける。


「おごおおぉぉぉぉぉっ!!」


 シュミット式バックブリーカーの要領でボディを痛烈に穿たれた星華の口から無様な悲鳴が上がった。ゼットンが手を離すとマットに仰向けに転がった星華の顔が丸見えになる。
 胃液を吐き出した口からは粘ついた涎が零れ、涙が止まらない。両手でボディをかばいながら芋虫のようにマットを悶える星華の姿は、端正な顔立ちと優れたボディラインが相まって悲壮な美しさを醸し出す。


「ま、調子に乗った素人ってところだな、お譲ちゃんは・・・。で、あたしは勘違いした素人を教育する役目ってことさ。もう二度と勘違いしたセリフを言えないようにする、ね・・・」


 悶え苦しむ星華はそのまま放っておいても立てないだろう程の怯えが瞳に映っている。しかし、観客はヒートアップしたまま星華を叩き潰せとゼットンにエールを送る。


「さあ、立ちな!」


 サイドポニーに結った星華の髪を鷲掴みにして無理やり立ち上がらせたゼットンが、自分が滅多打ちに会ったコーナーへ星華を背中から叩きつけ、両腕をトップロープへ絡ませて磔にする。そして右腕を大きく振りかぶり、自己主張の激しい星華のバストへ逆水平チョップを打ち込む。


 ズッバアアァァァァンッ!!

「ひぎいああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


 バストは女性の急所。それも、星華のような豊かなバストならなおさらだ。
 セパレートのトップスからバストが零れおちそうなほど弾かれた激痛に泣き叫ぶ星華。それに構わず、何度も何度も上から、下から、そして正面から打ちつけてくるゼットンの逆水平チョップによって、コスチュームから覗く星華の胸元は紫色の痣に覆われていく。


「お・・・願い・・・・・・。謝る、からぁ・・・・・・もう、やめてぇ・・・・・・」


 涎を垂れ流し、涙で端正な顔をぐちゃぐちゃにした星華が哀願するが、ゼットンの攻撃は止むどころかさらに苛烈さを増す。逆水平の右腕を止めると対角コーナーへと移動し、全力のダッシュからのショルダータックル!


 ズウウウウゥゥゥゥゥンッ!!!!

「ごびゅぇ・・・・・・」


 リングがひっくり返るのではないか、と観客が思うほど凄まじいゼットンのショルダータックル。コーナーポストにもたれかかったまま衝撃の逃げ場もない場所でボディにゼットンのメガトンタックルを受けた星華はぐるりと白目を剥き、顔面からマットに倒れた。
 ゼットンが星華を蹴り転がしてうつぶせから仰向けにさせると、内臓を蹂躙された星華の口元から泡が噴きこぼれ、もう吐き出す物もなくなったのになお嘔吐感に身もだえている。


「まだ意識はあるようだね。どうだい、自分が言ったことがどれだけ的外れだったか思い知ったかい?」

「ひゃ・・・ぃ・・・・・・わた・・・ひが・・・・・まひはっへ・・・まひはぁ・・・・・・ゆる・・・ひて・・・・・・」


 不幸にもかすかにまだ意識がある様子の星華の目を覗き込みながらゼットンが凄むと、完全に心をへし折られた星華がおぼつかない口調で答えた。
 しかし、ゼットンはその場で首を振る。


「言葉だけじゃ信用できないからねぇ・・・・・・あんたに刻み込んであげるよ、恐怖ってやつをね・・・・・・」

「ひぃ・・・・・・!!」


 ゼットンの告げる死刑宣告に鉛のように重い身体で必死に首を振る星華。闘志の折れた星華にはすでにプロレスにかかわろうとする気はない。だが、ゼットンは星華の哀願を聞くことなく、星華を立ち上がらせてボディスラムでリング中央へと叩きつけ、自分はコーナーポストに上った。


 綺麗にセットされていた星華の髪は完全に乱れ切ってくしゃくしゃになり、身動き一つ取れない星華を無様に彩っている。そして、ゼットンが星華にとどめを刺すべくコーナートップからその巨体を宙高く舞い上がらせた。
 190に届こうとする巨体が冗談のように空中高く舞い、着地しようとしているのは大の字になったまま身動きの取れない星華のボディ。


 ずむうううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!!

「げびゅううあああああああああぁぁぁぁぁぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」


 ゼットンのフットスタンプで内臓を踏みつぶされる星華の両手両足が跳ね上がり、痙攣に合わせて無様に跳ねまわる。口元から黄色く濁った液体が吐き散らされ、零れおちそうなほど大きく見開かれた目は完全に白目を剥いていた。


「これでもう一辺挑んでくるなら大したものだけど・・・ま、あんたじゃ無理だろうね。ほら、お帰りはそっちだよ!」


 ぎくしゃくと意識もないまま身体を暴れさせる星華の髪をつかみ、場外へ投げ落とすゼットン。そこにはすでに担架が用意され、星華を会場から連れ出す準備が整っていた。
 そのまま暴れる身体を拘束され、退場していく星華を見送るのは観客たちの冷たい視線。そして、無法者を処刑したゼットンを支える大きな歓声だった。




 こうして、星華の惨敗はわずかな間観客たちの記憶に残ったが、すぐに忘れ去られていった。そして、ゼットンも星華について話すことはなく、無謀にもプロレスにケンカを売ったストリートファイターはプロレスで姿を現すことはなかった。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

拝ませていただきました!

ありがとうございました!そして、感想が遅くなってしまい申し訳ありませんorz
今じっくり読ませて頂きました!

いやー・・・星華、迂闊すぎるww
自分はあまりプロレスについて詳しくないのですが、一格闘技として凄まじいエネルギーを秘めた
熱い真剣勝負であることは誰でも分かろうものなのに、やれやれな子です。
でも、この子はこういうところがあるかもしれませんwストリートファイトで勝ち上がってきただけに、自信過剰なところが;;

筋肉の付き方からして違う屈強な相手に、全力で腹を責め抜かれる・・・興奮しました!
星華は、様々な格闘技を会得してる設定でして、一応オールマイティーに攻めることはできるのですが
基本的には我流なので、正真正銘のプロには手数で勝てなければ勝機がないようなキャラです。
流石に相手が悪すぎましたね。完膚なきまでの敗北、ご馳走様でした!

今描いてる作品がひと段落したら、あらためてリンクと、こちらで作品を描いていただいたことのご報告を
させていただきたいところです。重ね重ね、うちの看板娘で書いて頂いて、ありがとうございました!

Re: 拝ませていただきました!

コメントありがとうございます^^

星華さんを見てからプロレス技でボディ責めをさせてみたいと思ってました。楽しんでいただけたのならなによりです。

文章だらけのサイトですが、今後もよろしくお願いします。
プロフィール

ゆーまちゃん

Author:ゆーまちゃん
FC2ブログへようこそ!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。